人生満喫★🍓★oneness

国際認定スピリチュアリストの看護師です。

五感の素晴らしさ

認知症の義母は 重度の難聴があり

補聴器をつけていますが、

それでもよく聞こえていない様子。

 

長年、耳鼻科にちゃんと連れて行ったことが

なかったので

今年は耳垢も取ってもらい

ついでに、補聴器のお薦めのお店も

紹介してもらいました。

 

早速連れていき、見てもらったところ

今使用している補聴器は、10数年前のもので

故障したら、もう買い替えしか出来ないそう。

それに、最新の補聴器の機能は

格段と性能がアップして

雑音も少なくて、声の判別もよくなっているということでした。

 

義母の聴力は 重度で身体障害者手帳

もらえるレベルとのことで

その手帳を申請すれば大体5万円ぐらいの

補助金が出るのではという情報を

お聴きしました。

それにしても、新しい補聴器を

購入するとなると、

両耳で50万近くするそうでして。

補助金をいただいても、45万円ぐらいは

自払いという

かなりの高額な代物です。

 

でも、抜群に性能が良いならばねえ。。。と

まずは、レンタルさせていただくことに。

 

早速、おすすめの機種を調整していただき

装着してみると・・・

 

う~~ん。

 

義母の顔が険しく 

何か困っている様子。

 

店員さんからの呼びかけに

声が大きすぎる。と

 

何度か調整してもらっても

気難しい表情は変わらず。

 

店員さんからの

「さっきより、変化しましたか?」の声掛けに

「人間の声には違わないのだけれど、何か固い感じで。」と。

 

その後、何度か調整を試みても、

やっぱり違和感はぬぐえず、

新しい補聴器をレンタルすることは

辞めました。

 

そして、今まで使っていた補聴器の音量を

上げてもらって

「こっちの方が自然で聞き取りやすい」と

落ち着きました。

 

やはり、普段聞きなれた音を

脳はキャッチして判断しているということを

そこに感覚を合わせているという

五感の素晴らしさを垣間見ました。

 

そして、まだまだそこまでの性能には

技術が追い付いていないことを知るとともに

人間に備わっている能力って

本当に素晴らしいのだと

再確認した出来事でした。

 

そして、早速聞こえがよくなった義母は

会話が多くなり、

今まではスルーしていたことも、

はっきりと返答してくるようになっています。

きっと聞こえていないよと、

油断していることも

これからは気を付けないとね。(笑)

これで少しは認知症にも変化が

出てくるかもねって

思っているところです。

 

PS.開発次第で第六感も冴えわたることを

実感しているので、さらに研ぎ澄ませていきたいものです。

f:id:sakuyo2018:20181227195429j:plain